2005年09月09日

Excel&VBA参考書籍・サイトについて

この内容は、http://home.cilas.net/chieru/tokuyama/faq.htmlより転載したもので、
デイトレーダー徳山秀樹式 月100万円が自然と稼げる!株の完全自動売買
の読者から寄せられた参考書籍紹介の要請にこたえて作成したものです。

トレーダーズショップでは個人投資家向けの投資関連書籍が充実しており、ここを見ていたらいくつか役立ちそうな書籍を見つけたので、順に紹介していきます。実際に読んだわけではなく、サイトで紹介されている目次から判断しているが、実際に読む機会があればその感想も加えていく予定です。


  • やさしくわかるExcel VBAプログラミング


  • 全15章からなり、マクロの基礎から始まって最終章では帳票・出張管理システムという本格的なシステムまで解説しているので、まさに基礎からしっかり身につけるのにぴったり。自己流で学んだ私も一度しっかり読んでみたいものです。


  • EXCEL2000/2002 VBA for Windows スーパーマスター


  • 全8章からなり、マクロとVBAについてやVBAの基礎知識といった基本から始まるが、わかりやすい解説とカラー図解で中級者・上級者のご要望に応えるというコンセプトになっている。これも機会があれば是非読んでみたい1冊。


  • ビデオ システムトレード入門セミナー


  • 2002年5月18日開催のシステムトレード入門セミナーをビデオ化したものです。本セミナーの目的は、投資家が自分自身の手でさまざまな売買戦略を検証し、かつ日々の売買シグナルを算出するプログラムを構築する方法の基礎を示すことにあります。そのためのツールとして一般に広く利用されているMicrosoft Excelを用い、VBAを使って効率的かつシステマティックに独自の売買戦略を構築していく過程を実習します。パンのセミナーには何度か参加したことがあるのですが、これは知りませんでした。とても興味深いテーマです。商品は在庫限りとのことでしたが、残念ながら品切れになってしまったようです。


  • ビデオ システムトレード入門セミナー初歩編


  • 2002年12月14日開催のシステムトレード入門セミナーをビデオ化したものです。5月開催の上記セミナーがある程度の予備知識がある人を対象にしていたのに対し、今回のセミナーでは便利で高機能、しかも無料で利用できるデータベースであるPan Active Market DataBaseやMicrosoft Excelの機能を有効に利用する方法に重点を移し、システムトレードの概略と自力で環境を構築するための初歩を解説しています。限られた時間内でアウトラインをつかんでいただくために、全般的に広く浅い説明になると思いますが、システムトレードに必要なひととおりの項目をカバーするとのこと。こちらも商品は在庫限りとのことです。DVD版はこちら


  • ビデオ 短期売買の魅力とトレード戦略 -感謝祭2004-


  • 2004年1月31日に開催されたセミナーをビデオ化したものです。利益の出し方(勝率と損益率、様々な売買スタイルとその特徴)、基礎戦略(TDトラップ、改良版 OOPS)、応用戦略(スクリーニング、マネーマネージメント)というのが主な内容となっています。柳谷先生の別のセミナーに参加したことがあり、これも感謝祭ということで低価格だったので参加を申し込もうとしたら既に締め切られていた苦い記憶があります。内容が盛り沢山な分、前の2つに比べると掘り下げていない可能性はありますが、この価格はお買い得だと思います。DVD版はこちら


個人が運営するサイトにもExcel&VBAを扱うものがあるので、紹介していきます。


  • Excelで株投資


  • Excel VBAで作成したソフト(マクロ)が株価解析ツールとして多数紹介されています。解析ツールの説明も丁寧にされていて非常に参考になると思います。大変充実した内容です。

posted by 徳山秀樹 at 14:00 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6734896

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。