2006年01月30日

松井証券の新手数料体系のご案内

私も利用している松井証券より、新手数料体系の案内がありました。
ボックスレート幅が100万円刻みとキメ細かくなるのがメインです。


■ 手数料の改定について
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松井証券は平成18年4月を目処に、「ボックスレート」の改定をはじめとした
新たな手数料体系を実施します。

【新手数料体系の概要】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ボックスレート幅の変更

旧)1日の約定代金300万円ごとに手数料3,150円

新)1日の約定代金100万円ごとに手数料1,050円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ミニボックスの拡充

・1日の約定代金が100万円以下の場合の手数料体系((2)、(3))を追加
(1)1日の約定代金が10万円以下 無料(継続)
(2) 同 30万円以下 315円
(3) 同 50万円以下 525円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■1日の手数料上限額の設定

・1日あたり顧客が支払う手数料に上限を設定する
(手数料額上限:105,000円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(※)先物・オプション取引はボックスレートから除外する

口座開設資料の請求はこちらのバナーからどうぞ。
 
posted by 徳山秀樹 at 22:00 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12525859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。